プロが参加する料理教室

長船なお美さん主催

~まごわやさしい+こ 料理教室~

 

本日のメニューは

(゜))<鯛のカルパッチョ

(゜))<真サバのから揚げカレー味

(゜))<真サバの煮つけ

(゜))<玄米ご飯

(゜))<あおさの味噌汁

(゜))<ファイトケミカルスープ

 

今日も盛りだくさんのメニュー

 

このなかに「まごわやさしい+こ」が

すべて含まれています。

19-02-08-14-07-30-043_deco

いちどの食事で!ですよ。

すばらしい(^^)!

 

さらにすばらしいのが

「プロが通う料理教室」だということ。

 

・管理栄養士・料理研究家・調理師

・プロサッカーチームの寮母さん

・保育士・プロダンサー などなど

 

ね!すごいでしょ\(◎o◎)/!

料理に精通している方々がこぞって参加されているんです。

 

サロンの客様たちへの食事アドバイスために

私もバストケアのプロとして毎回参加していますよ♪

 

「まごわやさしい+こ」和食を中心に食べてくださいね

…と私もみなさんにアドバイスするのですが

いちばん摂取しづらいのが「魚」(゜))<<

 

「骨はあるし、食べづらいし、調理が面倒だから

ほとんど魚を食べてないんです。

これって、まごわやさしい+こが出来てませんよね?」

と、よく言われます。

 

私も「うーん、そうですね。もっと食べてほしいなぁ。」

という答えしか返せず。(^^;)

でも長船さんがおっしゃるには

「魚は冷奴にかけたかつお節から始めてもいんですよ。

ゆる~く、でも継続的に続けていくことが大事!」

なのだそうです。

 

魚勢の森さんからは鯛と鯖のさばきかたを伝授していただきます。

・うろこ取りはビニールの中ですると掃除が簡単

・包丁が通るところは、うろこを丁寧に取る

・骨は手首のスナップをきかせてを切り落とす(身くずれ防止)

・皮をはぐとき(基本的に)

白身は尾側から、青魚は頭側から

今日も勉強になる~~~♪

 

マル球産業の山口さんからは

手抜き…ではなく手間抜き料理の極意を伝授していただきます。

・発芽玄米3日分の準備方法

・煮魚の合わせ調味料の分量

・魚のフライ調理テクニック

こりゃあ、毎日魚が食べたくなります♪♪

 

そして、出来上がったお料理がこちら!!!

19-02-08-14-39-41-142_deco

とっても美味しくて、おなかも心も大満足❤

❤❤ごちそうさまでした❤❤

帰りには熊本青果食品商業協同組合さまからの

まるまるふとった白菜のおみやげも。

19-02-08-14-30-47-573_deco

ほんと、大満足!!!

※注 おみやげは毎回ではありません

 

これは、プロもプロじゃなくても通いたくなりますよね。

次回は3/8(金)に開催予定とのことです。

参加ご希望の方は、ご連絡いただければおつなぎいたしますよ♪