マンモとは

マンモリラクゼーション

マンモ(mammo)とは乳房のことで、マンモリラクゼーションは、おっぱい及びその周辺を集中的にケアし、体液循環を改善してホルモンバランスをとり、全身の状態を良い方向に導く専門技術です。

この技術を持った施術者から施術を受けることで、おっぱいやおっぱい周辺の頭部・肩腕・背中・腰の循環がスムーズになり、全身のリラクゼーションが得られます。

施術者により、自身ではほぐしきれない胸筋と乳房のはりつきを取ることで、おっぱいが温かくふわふわになります。
その温かくふわふわになったおっぱいが自律神経や女性ホルモンのバランスを整いやすくして、美しいボディと穏やかな精神状態を得ることが出来ます。

インドの伝統医学アーユルヴェーダの理論をもとに、現在の心身のバランスの状態を確認しながら、生活習慣や食生活なども含めたカウンセリングを受けていただき、一人一人に合った方法で心地よく施術が受けられ、ライフスタイルにあった指導をいたします。

全ての女性に受けていただけます

マンモリラクゼーションは、全ての女性に受けていただけるセラピーです。
 

特に、女性特有のトラブル

  • 月経痛
  • 月経不順(無月経、頻発月経)
  • 月経前困難性(腹痛、頭痛、腰痛、胸のハリ、イライラ、情緒不安定など )
  • 月経過多
  • 月経少量
  • 更年期障害
  • 不妊症
  • 子宮筋腫
  • 乳がんなどの予防と改善

さらには、

  • おっぱいを大きくしたい
  • キレイなバストを保ちたい
  • おっぱいの垂れを防ぎたい
  • 女性らしい体を手に入れたい
  • むくみ、便秘、冷え、頭痛慢性的な肩凝りに悩んでいる

という方にお勧めです。

女性ホルモンの分泌がカギ

スプーン1杯

女性の一生で、たったスプーン一杯ほどしか分泌されない女性ホルモンを、どのようにうまくバランスよく分泌させていくかが心と体の健康と妊娠、出産、授乳を幸せな経験にできるかのカギとなります。

女性ホルモンは体液の循環にとても深く関わっています。

特におっぱい周辺の流れが滞ると全身の循環を悪くし女性特有の不快症状(肩こり・頭痛・おっぱいの張り・肌荒れ・冷え・むくみ・便秘等)が出やすくなったり、さらに女性ホルモンのバランスも崩しやすくなります。

一度流れが滞ると自分ではなかなかコントロールできなくなってしまします。

 

月経障害の症状

  • 血量の異常:原発性無月経(18歳になっても月経が始まらない状態)
    • 続発性無月経(周期的にあった月経が3カ月以上とまっている状態。妊娠や出産後の授乳期の無月経は除きます。)
    • 稀発月経(周期が39日以上)
    • 頻発月経(周期が24日以下)
  • 持続日数の異常
    • 過多月経(血量が異常に多い状態)
    • 過少月経(血量が異常に少ない状態)
  • 月経困難症:生理痛のこと。月経に伴う下腹部痛や腰痛、頭痛、下痢、発熱、吐き気、嘔吐などの症状が現れます。
  • 月経前緊張症:月経前の3日~10日くらいの間に認められる身体的・精神的症状。
    • 主な症状には、むくみ・腹部膨満感・乳房緊満感などの水分貯留症状、頭痛・腹痛・腰痛などの疼痛症状、食欲不振・めまい・倦怠感などの自律神経症状、情緒不安定・抑うつ・不安・睡眠障害などの精神症状があります。
    • これらは月経が始まると治まり、普通は日常生活に支障のない程度のものですが、時には強度に現れることがあります。

日本国内に女性は約6,500万人でそのうち月経のある年齢と予想される15〜49歳は約2,650万人とされ、日本国内の月経障害患者数は約1,000万人であるため、3人に1人が月経障害症状に悩まされていることが分かります。

更年期の症状

更年期とは、女性のライフサイクルの一時期、閉経をはさんだ前後5年を指します。

多くの女性は、50歳前後で閉経を迎えることから、おおむね45~55歳を更年期と呼んでいます。

  • 自律神経系:のぼせ、ほてり、発汗、動悸、息切れ
  • 運動器・皮膚分泌系:関節の痛み、肩こり、腰痛、皮膚の乾燥、外陰部の痛み
  • 泌尿器系:頻尿、失禁、膀胱炎
  • 精神系:疲労感、記憶力の減退、イライラ、憂うつ、不眠、頭痛、めまい、耳鳴り
  • 内分泌系:月経異常、膣の乾燥、性交痛

程度の差はあるが、7~8割の女性が症状を感じている。

(2011年、生活者研究所センター調べ)

 

最近2、30年の更年期対象人口の増減は少なく、いつの時代も多くの女性が症状に悩まされていることが分かります。

乳房の悪性新生物

女性の悪性新生物における罹患数は多い順に

1位:乳房

2位:大腸

3位:胃

年々、乳房の悪性新生物患者が増え続けていることが分かります。

改善はしたいけれども…

  • 症状が出ているけれども、どうしたらいいかわからない
  • 薬は飲みたくない
  • 病院に行くほどの事でもないor行きたくない

と思っている女性が増えてきています。

 

マンモリラクゼーションは、これらの症状を緩和することができます。

身体のケアは抵抗なくできてもおっぱいのケアは恥ずかしさもあるのか、なかなか取り組めずにいる女性も多いというのが実状です。

しかし、昨今のニュースから女性の乳がん予防への意識が高まり、マンモリラクゼーションのニーズが高まってきています。